如月五月の「ちょっと気になる話題、情報を斜め視線から」

ちょっと気になる話題、情報を斜め視線で解説

 ちょっと気になる話題、情報について、やや普通とは異なる視点から簡潔にわかりやすく解説することを心がけています。

 比較的得意な分野は、不動産関連(宅建士資格保有)と株式を中心とする中長期の資産運用のほか、中高年に役立つ様々な観点からのライフスタイルなどです。書評以外では、Amazonブランドの各所商品、アニメ、日用雑貨などにも関心は寄せています。
 対象となるコンテンツはさらに拡充させていく予定ですので、建設的な意見、ご要望はもちろん歓迎致しますので、よろしくお願いします。

 ちなみに書評をメインにしていたころは、Amazonのレビュアーとしては、2019年1月に87位まで上昇、ベスト100レビュアーも獲得しました。書評については「発売日」に購入、「その日」のうちに、「わかりやすい」レビューを心がけています。これまでの書評など300本以上のレビューは「https://www.amazon.co.jp/gp/profile/amzn1.account.AGV2WGQD7Z33LI2KXYUZHDT77PDQ/ref=cm_cr_dp_d_gw_tr?ie=UTF8
を参照してください。
 2018年12月にはKindle本としてAmazonから「364日でAmazonベスト100レビュアーになる方法」を出し、短期間でレビュアーランクを引き上げる手法の一部を紹介しています(※)。

(※)Amazon側の一方的な誤認識と誤解によって、レビュアーとして一カ月ほど強制退出させられた結果、現在は100位台前半で推移しています。この辺の事情はAmazonの如月五月のプロフィールで説明していましたが、2019年6月にAmazonから「プロフィールに内容がガイドラインに沿っていない」との連絡があり、一方的に削除されました。

 ここで「強制退出」の経緯を改めて説明しますと、2019年1月の時点で「それまでに書いたレビューに何らかの問題があった」とのことで、300本近レビューが何の事前通告もなく一方的に削除され、新規のレビューも一切できなくなりました。想像するにAmazonで購入したある商品の販売業者の扱いがあまりにも酷かったので「酷評」し、★1つのレビューをしたことが販売業者の逆鱗に触れたのだと思います。
 こちらとしては事実を書いただけなので強制退出に不満はありましたが、「所詮Amazonも手数料ビジネス」を諦めていたところ、今度は一か月後に「調査の結果レビューに問題はありませんでした。ご迷惑を掛けたことをお詫びします」との連絡があり、一転して全レビューが復活、新規レビューも投稿できるようになりました。
 もっとも「どのレビューのどこに問題があったのか」については、Amazonに質問したものの回答はなく依然不明です。余談ですが、私のレビューをAmazonに通報したと思われる販売業者はAmazonから追放処分となっていました。
 という訳で、今後もいつAmazonからどのような処分があるのか不明ですが、自分の考え方を曲げることなく、率直に、分かりやすい情報発信に努めたいと思います。
 現在はまだAmazonと並行した書評レビューが中心ですが、東洋経済オンラインなど経済誌の記事をテーマにしたコメントなど他のコンテンツも拡充していますので、よろしくお願いします。

プロフィール
id:kisaragisatsuki はてなブログPro
リンク
ブログ投稿数
388 記事
ブログ日数
80 日
継続期間
5 日